和歌山県新宮市
木造戸建て

【雨漏り原因特定調査】
調査日:5月12日
場所:和歌山県新宮市
建物種別:木造戸建て
調査対象箇所:1階リビングのサッシ

5月12日に和歌山県新宮市にあります木造戸建ての雨漏りの原因特定調査を行いました。
調査の対象となるのは、1階リビングのサッシです。
状況としては、新築1年での雨漏りでサッシ枠上部ビス穴の部分に水滴ができているのを発見し、前の日にはかなり強く雨が降っていたとのことです。
1回だけの雨漏りですが、原因を突き止めてほしいと調査依頼を頂きました。

目視・散水検査

検査対象箇所にあたる箇所は、漏水発生のサッシシャッターボックス・外壁サイディングの実・2階の外開き窓・軒下換気口の通気ガラリで、各所目視調査を行いました。
目視調査の結果、新築1年という事もあり、いずれも目に見える不具合はありませんでした。
各所散水検証を行なっていく中で、2階の外開き窓戸当たりパッキンから室内への浸入水を確認します。
この浸入水に関しては、窓の上からの漏水に加え下からの湧水も確認され、水量が増える事でサッシをオーバーフローし額縁の組み合わせ部分から下階に流れると推測しました。
レインボービューシステムの調査液レッド色を混合した散水検証を約1時間程度行いました。
2階サッシへの下部組み合わせへの散水検証では漏水確認はありませんでした。

紫外線投射(ブルーライト投射)

2階の外開き窓への散水を行うと、戸当たりパッキンから室内への浸入水を確認し、オーバーフローする事で額縁から下階に流れると推測し、調査液レッド色を混合した散水検証を1時間程度続けました。
1階リビングサッシ枠から漏れてきた水へ紫外線投射テストを行うと、調査液レッド色の発光を確認することができました。

原因特定

今回の調査結果として、調査対象箇所の1階リビングサッシから漏水が発生している原因は、2階の外開き窓の建付け不備による戸当たりパッキンからの浸入でした。
2階サッシ下部組み合わせへの散水検証では漏水確認はありませんでした。

これで漏水が止まり安心した生活が出来ることを嬉しく思います。
今後また何かあればご連絡下さい。

【調査概要】
木造戸建て
調査対象漏水箇所:1箇所
調査人員:3名
金額目安:¥220,000-
特許使用料、調査技術料、再調査一年保証、室内外養生費、箇所数、人工代、諸経費、交通費etc

△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△

自宅が雨漏りしている。
管理物件が雨漏りしている。
補修をしたけれど止まらない。
そんなお悩みをお持ちの方々へ
雨漏りは原因さえ分かれば必ず止まります❗️

当社は「レインボービューシステム」という一般社団法人全日本雨漏調査協会の会員会社しか扱えない特許工法を用いて原因特定調査を行います。
この特許工法は、ブルーライト(紫外線)を当てることで7色に発光する特殊な調査液を水道水と混合して散水検証を行う為、調査結果として雨水の浸入口が確実に特定されます。
この調査液は人的な害も無く、水と混合する為、調査実施後も色残りの心配がありません。
安心で確実な雨漏り調査で早期解決を共に目指しましょう❗️

お客様に安心して頂けるよう保証制度も設けております。
・原因特定調査を行なったが原因の究明がされなければ、調査実施費用は頂戴致しません。
・原因特定調査実施後の1年間に関して、同一箇所での雨漏り再発の場合、無料での再調査を行わせて頂きます。

お見積り作成無料
調査実施前の現地打ち合わせ無料
雨漏りでお困りの方はお気軽にご相談ください。

アイアシスト
〒635-0076
奈良県大和高田市大谷718-12
電話  0745-60-7936
メール info@amamori-i.com
HP   https://amamori-i.com

△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△

PAGE TOP